緊急時でも極力冷静に!災害への対策が左右する

過去に大震災が起きた時に死傷した方の理由の内際立つのが、火に巻き込まれたのや家具が倒れたための圧迫死と言われています。適当に据え付けた調度品が倒れたり落ちたりして負傷したり死亡してしまう被害を減らしたい時、いったいどう対策すれば上手くいくのかを調べましょう。災害後の気象の細かい部分は、誰にも分かりません。雨天の所為で体がビショビショになって、病気に掛かってしまっては心配です。周囲の気温の急変の為に持久力を奪われることも考えられます。雨合羽の備えや冷気をしのげる素材でできた衣類などを用意しておきましょう。罹災したときは新品の防災対策用品を用意しておく事はNGです。逆にいつもリサーチし、実地で使って使い心地についても知っておけば、非常時でもあせらずにすむ筈です。備えあれば過度な心配は要りません。災害対策用品の他に加えて経験を備えておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です