いつも忙しいということが珍しくない女性は残念…。

悪童理論なる理論をご存知か。いつもはやさしさに欠け、よくパートナーををがさつに扱っているのに、ごくまれに見せる愛に彼女はグラっときてしまうという現象です。「私は忙しくて」が当たり前の女性は×。「どんなときに声をかけても予定がいっぱいで門前払いされそう」と自信がない男性がデートの誘いを囁くのを実行しない場合が少なくないと思う。男性というものは、コミュニケーションをとるのが不得手な生き物。異性を「からかう」行為を、意識していないにもかかわらず選んでしまっていることが多い。結果として、意識せずにからかうことで上手にコミュニケーションをとるのが苦手な女性との交流を持つことができる。意中の人の後ろから突然名前を呼んだ時、もしも相手が右から振り向くようなら、その人は異性として見ている(恋愛対象の可能性があります!)証拠。もしも相手が左から振り向いてくれたら、、単にヒトとして見ている(恋愛の対象としは見ていない)と考えられます。口説き落としたい相手が不安になる病気などでキツイときは特に誠実な気持ちでかけたフレーズや相手を心配している気持ちを分かってもらえると、スピーディーに相手を手繰り寄せられるということは、勝負の時期である。

拒否するような、もしくはおとなしいスタイルが、女の人の魅力を高めるというわけ。反対に、軽々と異性の誘いにOKしては、人間の魅力低くするというわけ。